お金がない 切り離せないお金と生活のかかわり
HOME
お金と暮らし
ドラマから考察するお金
お金が貯まる人とたまらない人
お金が貯まらない人の生活習慣
働くことができない
結婚ができない
病気になりやすい
堅実にお金を貯めること
節約をすること
お金とは
そもそもお金とはなんでしょうか?改めて定義づけてみます。人が集団生活を行っている中では集団内で共同生活をします。しかし集団内で確保できない食糧や生活必需品が出来た場合は他の集団と物々交換をするようになります。物々交換が可能になりますと、人は自分の得意な仕事に専念することができます。しかしながら、問題は物々交換の場合は、需要と供給が一致していないと成り立たないということです。

いくら自身でモノを作っても、欲しい人がいなければ、物々交換はできませんよね。そこで出てきた概念が「交換の媒介」で、生活に不可欠なもの(塩や穀物など)を媒介として、交換ができるようにしたのです。そんな中で最終的に価値の基準として残ったモノが金です。金ならばどこの国でも重さの単位などで共通の基準として用いることが可能だからです。

しかしながら、金には含有率が異なる、変形しやすいなどの問題があり、共通した金貨を生み出したのですが、悪徳業者が金の含有率を少なくした金貨を製造するなどの問題も発生しました。そこで金兌換券(金と同様の価値をもつ紙)を主流として考えられるようになりました。ただし、各国で同様の紙(紙幣)を製造することができなかったため、各国の経済情勢などを踏まえ、為替という概念が生まれてきたのです。

もちろん硬貨も同様で、金という高価なモノではなく、アルミや銅という比較的安い素材で製造されるようになりました。しかしながら、例えば日本円で言いますとアルミで1万円硬貨を作ろうとしますと、とてつもない大きさ・重さになってしまいます。そこで信用を付加して利用できるようになったのが、紙幣です。モノを買う時には紙幣が必要となりますので、物々交換という概念は従来通り根本的な考え方となっています。

※スグにお金が欲しい場合
お金が足りない・・・お金が足りない時に借りるのにおすすめのところを紹介。
お金が必要・・・お金が必要な方は必見のサイトです。

Copyright (C) お金がない 切り離せないお金と生活のかかわり All Rights Reserved